今日、スーパーで茅野市の「かくい」さんのおはぎを見つけたので思わず買ってしまいました。

(かくいさんの商品シールにおはぎとありましたので、おはぎと表記しています。春はぼたもちと呼ぶ地域もありますよね)

つぶあん、こしあん、きなこ、ごま、ずんだ(のたおはぎって書いてました)

あたりは結構どこの地域でもあるでしょうか、

あと、くるみ、えごまがありましたよ。

そう、えごまです。

5月に楽ちの倶楽部のイベントでも調理予定の、『えごまおはぎ』が売っていました。

奥はずんだおはぎ、手前がえごまおはぎです。

すりつぶしたものと、粒が残ったものが両方使われていました。

私もえごまおはぎは初めて頂きましたが、ごまの風味とはやはり違いますね。

シソ科の植物だからでしょうか、粒を噛んだ際に少し青みのある風味がしました。

粒の触感もゴマというより、チアシードのプチッとした感じに似ています。

また、ゴマよりも後味がさっぱりした印象です。

絶妙なおいしさ。食べ過ぎ注意です。

エゴマおはぎ、気になる方は是非5/21(日)エゴマ料理教室にお申込み下さい。

皆様のご参加お待ちしております。