6月5日、茅野市長さんがふるさと回帰支援センター 高橋理事長を表敬訪問しました。

ふるさと回帰支援センターを訪れた市長さんに、最初、ふるさと回帰支援センターのフロアにつきまして、長野県ブース担当者からご説明していただきました。

茅野市長と長野県ブースの職員のみさん

茅野市長と長野県ブースの職員のみさん

 

 

 

 

 

 

その後、高橋理事長と面会。

茅野市長と高橋理事長

茅野市長と高橋理事長

 

 

 

 

 

 

高橋理事長から、最近の移住相談者の動向についてご説明いただき、その後、茅野市の移住に関する取組について説明、意見交換をしました。「楽ちの」が設立から10年経過し、たくさんの移住者をお迎えしたこと、その移住された方がカフェなどを経営されて「楽ちのステーション」としてご協力いただいていることをお話しますと、高橋理事長から、民間団体と行政が一緒に取り組むこととその取組を継続していくことの大切さについてお話をいただきました。

ふるさと回帰支援センターのみなさま、お忙しいなかご対応いただきまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。