こんにちは八ヶ岳ライフ 朝倉でございます。

茅野市が太陽光発電を目的とした農地転用の件数を発表しました。

 年度  件数 面積(㎡) 発電出力(kw)
 2012  4 4,739  217
 2013  29  34,779  2,268
 2014  56  66,254 5,177
 2015  55  55,486  3,419
 2016  32  43,508  2,558
 計  176  204,766  13,639

国の再生エネルギー買取価格の下落にともない、件数が減ってきました。

蓼科中央高原では住民が裁判所へ仮処分命令を申し立てることもあり、開発にともなう生活環境や景観に与える影響も大きいです。

茅野市では「より厳しい規制」も視野に入れ、安全性や生活環境への配慮をしていく予定です。

 

一方、陽当りの良い、八ヶ岳の里山農地は移住者に人気の地域です。

住環境の優れた転用可能な里山農地を太陽光発電に転用すると一時的には収入が入ってきますが、既に八ヶ岳に移住してきた方ともめることもあります。

住環境の良い、転用可能な里山農地をお持ちで、耕作をしない方は地域の発展のために、移住者に提供いただけませんか。

 

里山農地のご相談は八ヶ岳ライフ朝倉まで

電話0266-72-5880

八ヶ岳ライフHP