八ヶ岳移住の豆知識 空き地の樹木伐採は資産価値を上げます

こんにちは八ヶ岳ライフ 朝倉でございます。

2017年度土地白書によると全国の空き地は13年時点で981ヘイホウキロメートルと10年間で4割増えました。

法務省が2017年6月6日の発表によると地方で50年以上登記変更のない土地は山林32.4%、田畑23.4%と高い数字でした。

国土交通省企画課「長期間放置されて荒れた空き地は景観を損ねる。適切な管理体制を整える必要がある」と日経新聞にコメントがありました。

八ヶ岳の別荘地でも40年経過すると購入した当時は開放感のある別荘地だった土地が樹木でおおわれてしまいます。

うっそうとした樹木が別荘地の価値をさげます。

逆にいえば、樹木を伐採し整備をすれば自身の土地の価値のみならず、地域の資産価値があがります。

山林の場所によっては資産価値があるものもあります。

八ヶ岳で山林をお持ちでどうにかしたいとお困りの方は八ヶ岳ライフの朝倉までご相談ください。

 

 

八ヶ岳の移住相談は八ヶ岳ライフ 朝倉まで

八ヶ岳ライフホームページ

http://www.yatsugatake-life.com/