せっかく八ヶ岳山麓での田舎暮らしを実現したのだから、憧れの薪ストーブを設置して、冬は赤々と燃える炎を眺め、薪の爆ぜる音を聞きながら優雅に過ごしたい…。

 そんな生活を夢見る方は多いはず。

 でも、「薪ストーブって住宅への後付け工事が大変なのでは?」、「場所柄、煙がたくさん出るのは困る!」、「歳をとったら特に、薪の調達や運搬ができるか心配…」といった疑問や不安を抱く方も多いと思います。

 そんな方におすすめしたいのがペレットストーブ。ペレットストーブの燃料である木質ペレットは、主に間伐材や製材加工時に出る端材を粉砕し小さく圧縮・成型したもので、建材として利用できない木材などの有効活用にも役立っています。

 一般的にペレットストーブは着火時以外はあまり煙が出ず、そのため排気管の設置工事も薪ストーブに比べて簡単に済むと言われています。また、ペレットは薪に比べて扱いやすいので調達や運搬の負担も少なく、着火や火力の調節も自動でできる場合が多いです。

 比較的手軽に、薪ストーブと同じようなあたたかさをもたらしてくれるんですね!

 もちろん、冒頭で挙げたような薪ストーブならではの魅力はやはり大きいですし、薪の調達についても、地域の森を健全に保つための間伐作業で得られたり、薪割りで体を動かしたり、仲間作りができたりといった田舎暮らしの醍醐味と感じる方もいらっしゃいます。

 もし薪ストーブやペレットストーブの導入をお考えの方は、専門の業者さんによくご相談のうえ、ご自身にあったものをお選びくださいね。

 

 

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、今年度中にペレットストーブやペレットボイラーを購入される方向けの茅野市の補助金のご案内が公開されました!

 本体購入経費の1/2(上限10万円)が市から補助されます。

 申請受付は10月1日(月)からで、今年度の対象台数は11台。10月5日(金)までを抽選受付期間とし、その期間中に申請件数が11台を超えた場合は抽選により交付対象者を決定します。超えなかった場合には先着順となり、11台の申請があった時点で受付を終了します。

 詳細は茅野市ホームページのこちらのページに掲載されていますのでご確認いただき、ご不明な点は茅野市 農林課 林務係(0266-72-2101【内線405】)にお問合せください。