田舎暮らしを考える上でよく課題に挙がるのが、公共交通の問題。茅野市は市内のかなり隅々までバスの路線が伸びていると思いますが、運行曜日が限定されていたり、本数が少なかったりでなかなか思うように使いこなせない方も多いかと思います。

 今は自家用車が運転できて不自由はないけれど、高齢になったらどうしよう…と不安に思われている方も多いです。

 病院通いや重いものの買い物を考えると、タクシーを気兼ねなく利用できたらとっても便利ですよね。

 

 そんなニーズに応えるための実証実験が始まりました。

 茅野市、諏訪市、岡谷市、下諏訪町にお住いの70歳以上の方を対象に、定額・乗り放題のタクシー定期券を販売するというものです。

 どこでも行き放題というわけではなく、「自宅」と、「指定目的地(いつものお買物店・いつも利用する駅・かかりつけの病院のうち2か所)」の間が対象となります。自宅から指定目的地までの運賃で「ゾーン」が決まり、それによって定期券代が決まります。

 利用は本人に限りますが、本人が乗車する際には車両の定員数を超えない人数まで追加料金なしで同乗者も乗ることができるとのこと。。

 利用開始日は、第1期が2018年10月15日~12月15日、第2期が2019年1月10日~3月31日。募集人数も決まっているようですので、利用を検討される方はお早めにお申込みくださいね。

 利用方法や料金の算出方法等の詳細については、こちらのホームページをご覧ください。

 長野日報にも記事が載っていましたので、参考にしてみてくださいね。