先輩移住者さんに気軽にお話が聞ける場として好評いただいている「茅野市移住相談協力店 楽ちのステーション」に新しいお店が加わりました!

 http://rakuc.net/station/station8/

 茅野市湖東にある自家培養酵母のパン屋さん、「カルパ」です。
 ご主人の殿塚(とのつか)さんは東京のご出身。天然酵母パンの名店「ルヴァン 信州上田店」で修業した後、独立の場所として茅野市を選び、昨年ご家族で移住されました。

 定番のカンパーニュをはじめ、長野県産の小麦やライ麦と自家培養酵母を使ったパンはどれも味わい深く、かみしめるほどに甘みや酸味がじわじわと広がります。
 お店の内装はご主人が自ら改修されたと聞いて納得!並んだパンの姿がしっくりとはまる、とってもいい雰囲気なのです。これはささっとパンを選んで帰るのは惜しい…と思っていたら、奥様からハーブティーのおもてなし。パンをいただく前から、すっかりお店のファンになってしまいました。
 
 上田で「信州暮らし」は経験済みの殿塚さんですが、「上田では周りにいるのがおじいちゃんおばあちゃんばかりだった気がしますが、こっちは子どもが多くて驚きました」とのこと。ご自身もふたりの男の子のお父さん。訪れた日も、お子さんが近所の子と駆け出していく姿が見えました。
 お店は湖東の静かな住宅地にあり、ちょっと場所が分かりにくいですが、近所の子どもたちが「こんにちは!」とあいさつしてくれる日常の雰囲気も味わいながら、ぜひ訪れてみてください♪