名画の生まれた風景を訪ねる ”緑響く” 深緑の御射鹿池ツアー

   「死ぬまでに一度は見たい絶景」とも評され、テレビや雑誌に度々登場する御射鹿池(みしゃかいけ)。風のない明け方、鏡のような水面に映る深緑のカラマツ林の美しさは息をのむほど。ベストショットを狙うカメラマンが夜明け前から場所取りに訪れます。

写真提供:(一社)ちの観光まちづくり推進機構

 

 そんな御射鹿池は、日本画家である東山魁夷画伯の名画《緑響く》のモチーフとしても知られています。長野県信濃美術館の所蔵であるこの名画が、この夏茅野市にやってきます!

 茅野市が今年市制施行60周年を迎えるのを記念して、茅野市美術館が企画展「信濃美術をみつめる 描くこと この地との出会い」を実施。7月28日(土)~8月13日(月)の前期には《緑響く》が、8月15日(水)~9月9日(日)の後期には《緑響く》(習作)が展示されます。

 この絶好の機会に、名画の世界をより深く味わっていただくため、楽園信州ちのの会員でもある一般社団法人ちの観光まちづくり推進機構が絵画の舞台となった御射鹿池と東山魁夷画伯ゆかりの地を巡る特別なツアーを企画しました。

 茅野駅前観光案内所に集合、茅野市美術館で企画展を観覧後、バスでゆかりの地を巡ります。先日NHKのテレビ番組でも取り上げられた古民家カフェ「指北庵(しほくあん)」で昼食後、いよいよ御射鹿池へ。東山画伯も滞在したという奥蓼科温泉郷の「渋・辰野館」でご主人にお話を伺い、武田信玄の薬湯と伝えられる名湯も堪能します。その後、御射鹿池の水を農業に利用している笹原の田園地帯を地元ガイドの案内で歩き、茅野駅にて解散。盛りだくさんの内容です。

 

茅野市美術館 建物は茅野駅直結。「茅野市民館」として大小のホールや図書館、レストランも併設され各種イベントも行われる。

指北庵での食事。素朴な地元料理に癒される。

笹原の田園風景。

渋・辰野館。 外観から、別世界のような趣に圧倒される。信玄の薬湯と伝えられる名湯を満喫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は御射鹿池、天然の池ではなく山からの冷涼な水を温めるためのため池なのです。笹原のガイドウォークでは、その水を引いた田畑のどこか懐かしい風景を眺めながら、御射鹿池と地域の人たちとの関わりについてもじっくりお話を聞けることでしょう。

 作品とともに、名画が生まれた風景を味わい、地域の歴史を学ぶ。

 地元発信だからこそできる充実のツアーです。ぜひご参加ください!

 詳細は「ちの旅(一般社団法人ちの観光まちづくり推進機構)」ホームページをご覧ください。

 

※御射鹿池は上記のとおり地元の方々の農業を支える大切なため池です。柵の内側に入ることは安全面からもご遠慮いただいていますので、遊歩道からご鑑賞ください。また、写真撮影の際には譲り合っていただきますようご協力をお願いします。

 

蓼科手しごとシリーズ 第4回目 『寒天の活用法を教えてもらおう!<夏編>』

蓼科手しごとシリーズ 第4回目 『寒天の活用法を教えてもらおう!<夏編>』

 

 

楽ちのステーションにもご協力頂いている、茅野市北山のカフェ『茅野沢茶輪たてしな日和』さんで、7月21日(土)に『蓼科手しごとシリーズ 第4回目 『寒天の活用法を教えてもらおう!<夏編>』が開催されます。

以下転載

2月に開催した「寒天の活用法を教えてもらおう」で季節毎に寒天メニューを教えてほしい!とのお声をたくさんいただきました。皆さんのお声にお応えして、今回は「夏も楽しむ寒天メニュー」ということで夏向きのメニューを教えていただきます。写真はマヨネーズ寒天を巻いたカリフォルニアロール ♪

暑い夏、食欲が落ちても喉越しよく食べられて食物繊維もしっかり摂取できる寒天メニューを食卓に並べてみませんか?!教えてくださるのは前回同様、「青空満点レストラン」「王様のブランチ」等のテレビに多数出演し、寒天料理専門店の元店長、現在は長野県観光部認定おもてなしマイスターとして活動されている両角和哉さんです!

日 時:7月21日(土)10時~12時半頃

場 所:茅野茶輪たてしな日和
    茅野市北山4035-65 
    (バラクライングリッシュガーデンさんから徒歩3分)

定 員:15名

参加費:2,200円 (材料費・ランチ代、お茶代込み)

持ち物:筆記用具、エプロン
(当日は講師のデモンストレーションを中心に行います)

申 込:茅野茶輪たてしな日和まで電話またはFacebookページで 
0266-55-3365(月・火曜は定休日)
営業中などで電話に出られないことがあります。
その際は留守番電話へメッセージをお願いします。

お申込み・お問い合わせは上記たてしな日和オーナー、横塚さんまでお願いします。

 

玉川コミュニティセンター『玉川マルシェ』(無人野菜市)のご案内

茅野市移住体験住宅から徒歩10分ほどの『玉川地区コミュニティセンター』(玉川小学校横)

では現在、玉川マルシェ(無人野菜市)を開催しています。

 

 

無農薬や低農薬のお野菜がお求めやすいお値段で販売されていますよ。

支払いは貯金箱スタイルですのでぜひ小銭をもってお越しくださいね。

夏野菜の生産者さんと野菜が欲しい方をつなぐ無人市、どなたでも購入いただけますので、ぜひお立ち寄りください♪

黒板と白いテントが目印です。

玉川マルシェ『毎日コミセン八百屋さん』

開店時間:8:30~17:00(土日祝休み)※売り切れ次第終了

開店時期:5月末~11月末ぐらいまで

詳しくは『玉川地区コミュニティ』のfacebookをご覧ください。

諏訪の不思議を知る!【八釼神社 宮坂宮司さんに教えてもらおう】

※開催延期となりました。お問い合わせはたてしな日和さんまでお願いします。

諏訪の不思議を知る!【八釼神社 宮坂宮司さんに教えてもらおう】

楽ちのステーションにもご協力頂いている、茅野市北山のカフェ『茅野沢茶輪たてしな日和』さんで、7月4日(水)に『諏訪の不思議を知る!八釼神社 宮坂宮司さんに教えてもらおう』が開催されます。

以下転載

今年の諏訪湖の御神渡りはご覧になりましたか? 友人と初めて御神渡りを見学に行ったとき、自然の凄さを感じ畏怖の念を抱きました。そして昔の人はこの自然現象をどう感じていたのだろうか?と思いをはせました。 御神渡りの道筋の話、神事、諏訪地方にはいろいろな伝説があります。 もっと神事や伝説について知ってこの土地のことを知りたいと 思いませんか? 今回、ご縁をいただき八釼神社の宮坂宮司さんに諏訪の不思議について お話をしていただく会を開催できることになりました。 ゆっくりお茶を飲みながら宮司さんのお話を聞き、諏訪の不思議を知る茶輪会です。

 

日 時: 7月4日(水)10時~12時(途中休憩&ティータイムあり

お時間がある方は終了後13時まで宮司と一緒にランチタイム&歓談タイムをお過ごしください。
ランチ希望の方は参加お申込み時ご予約いただけると助かります。

参加費 : 1500円(講師料、お茶とスウィーツ代込み)

定 員 : 15名

持ち物 : なし

申 込 : 茅野茶輪たてしな日和まで 電話またはfacebookで

電 話 : 0266-55-3365

(営業中等電話に出られないことがあります。その場合には再度お掛け直しください。または留守番電話へ)

 facebook『八剱神社 宮坂宮司さんに教えてもらおう』

お申込み・お問い合わせは上記たてしな日和オーナー、横塚さんまでお願いします。

 

post

八ヶ岳移住、健康や食の面から、茅野市の田舎暮らしを考える、楽ちの10周年記念イベント

楽ちの倶楽部、八ヶ岳ライフ朝倉でございます。

健康や食の面から八ヶ岳の田舎暮らしを考える。

楽園信州ちの10周年記念イベントを行わせていただきました。

 

第一部はライフクリニック蓼科院長の麻植ホルム正之先生です。

「ストレスから解放される田舎は理想の医療を実現するために良い場所だった」

八ヶ岳に移住した理由として「茅野は自分が生れた北欧の気候に似ている」と移住の理由を語っていただきました。

 

翌日の長野日報にも掲載いただきました。