「ばばばあちゃん」と冬を楽しむ 寒天まつり@銀座NAGANO

 子どもの頃、「ばばばあちゃん」の絵本が大好きだったという方、多いのではないでしょうか?

 かく言う私も母によく読んでもらい、発想豊かで豪快で懐の深いばばばあちゃんをとても身近な実在の人のように感じていました。今は娘に読んであげていますが、全く古さを感じず、大人も楽しめることに驚きます。

 そんなばばばあちゃんの本のなかに、茅野の特産品「寒天」を題材にしたものがあるのをご存知ですか?……知らない方がほとんどのはず!『ばばばあちゃんのかんてんりょうり』というタイトルで福音館書店の月刊絵本「かがくのとも」2008年2月号として発行されたこの本、現在は福音館書店のホームページでも「品切れ」となっています。

 実は、作者のさとうわきこさんは、茅野市と同じ諏訪地域の岡谷市と原村で「小さな絵本美術館」という絵本の美術館を主宰されているのです。諏訪地域で昔から生産が盛んな寒天。寒天を使った料理も、冬場の寒天干しの風景も、さとうさんにとって身近なものなのですね。

 

 さて、そんな『ばばばあちゃんのかんてんりょうり』を題材に、楽ちのの会員でもある(一社)観光まちづくり推進機構が銀座NAGANO(長野県アンテナショップ)でイベントを行います!

 その名も「ばばばあちゃん」と冬を楽しむ寒天まつり!

 健康を考える方にぴったりの寒天の魅力を諏訪中央病院の先生がお話してくれたり、本に出てくる食べ方で寒天が試食できたりと子育てママにもぴったりのセミナー(無料・予約制)と、寒天商品やばばばあちゃんグッズを販売するマルシェを開催予定とのこと。

 親子で、いや、3世代で楽しむのにもぴったりなイベントですね♪

 ■イベント詳細は(一社)観光まちづくり推進機構のフェイスブックをご覧ください。

 ■セミナーは予約制ですので、銀座NAGANOのホームページからご予約ください。

 

 12月2日(日)は、ばばばあちゃんと一緒に茅野の寒天の魅力を一緒に味わいましょう!ぜひ銀座NAGANOにお出かけください。

 

移住希望者にこそお勧めしたい!「長野県民手帳」とは?

みなさん、『県民手帳』ってご存知ですか?私は神奈川県民だったのでこちらに来るまで存在を知らなかったのですが、長野県では書店でも、コンビニでもこの時期になると見かける、かなりメジャーなもの。そんな『長野県民手帳』についてご紹介したいと思います

ウィキペディアによると昔は神奈川県も県民手帳を発行していたらしいですが、私が手帳を使わなかったのと、長野県程メジャーではなかったせいもあって知らなかったようです。

長野県民手帳2019の基本スペック

色:空につらなる青峰「アルプスネイビー」と野に里に咲き誇る花「フローラルピンク」

大きさ:縦…13.8㎝ 横…7.8㎝

重さ:110g

価格:500円(税込み)

付録:長野県PRキャラクター「アルクマ」のシール付き

空につらなる青峰アルプスネイビーを購入しました

「アルクマ」のシールは6枚。手帳に貼ってオリジナル手帳にしよう!

アルクマに手招きされたら行かざるを得ないでしょう

『長野県民手帳』のここがスゴイ!

1.県民手帳会のベストセラー!発行部数が全国1位!

こちらもウィキペディア調べですが、2016年度発行部数7万部で全国1位ですって。第2位の茨城県が4.4万部ですから、その差2.6万枚。ダントツの売り上げと言っても良いのでは?売れるからこそ、コンビニにも陳列されるのでしょうね。

歴史も長いようで昭和36年から発行されているそうですよ。詳しくは長野県統計協会のこちらのページをご覧ください。

2.手帳として使い勝手が良い(らしい)

すみません、使ってないのでらしいとしか…週間スケジュール欄には細かい予定が書き込めるよう罫線があったり月間カレンダーが小さく書いてあったり、細かいところに気配りが感じられます。今回手元にあるアルプスネイビーはカレンダーが横罫式なのに対し、フローラルピンクはマス目式だそうです。使い勝手を押し付けないところが優しさを感じますね。また、車社会で運動不足気味の県民を気遣ってもくれます。親切だな、『県民手帳』。

そうだね、駐車場の端から端まで移動するのも億劫になっている自分を反省するよ

3.資料ページの情報が半端ない

一番はここですね。長野県民以上に長野県のことに詳しくなれる、『県民手帳』、県民疑似体験もできるとな。ここが移住希望者におススメしたいポイントです。ではその内容を一部ご紹介。

①県内イベント情報が盛りだくさん!

「今週末、茅野に行くんだけどなんかイベントやってないかな?」「あ、そば祭りやってるみたい」※なんてこともわかるイベント情報がぎっしり掲載。県内イベントの年間予定がわかると信州旅が一層楽しめますね。

たまに名前だけでは何が行われるのか全くわからないようなイベントも掲載されている。

※茅野市で毎年11月に開催される『信州八ヶ岳新そばまつり』掲載されていないようです。今週末ありますから来てくださーい。(例年11月の上旬~中旬に開催しています)

②長野県の概要が一目でわかる

Q.長野県の中で一番高い山はどこでしょうか?
A.奥穂高岳!

なんてクイズも即答できる主な山岳一覧や「あの時贈った母の日のカーネーションはもしかして長野県産なのかしら?」ということがわかる農林水産物一覧など長野県の産業についても統計が載っています。市町村別の面積、人口と世帯数、老齢人口割合も載っているので、「とにかくあまり人がいない市町村に住みたい」とか「田舎とはいってもそれなりに栄えているところがいいな」などの指標にもなりますね。また、産業3区分別就業者数、農業の経営耕地面積なども載っているので、移住後は農業を始めたいという方にはどの市町村が農業が盛んなのかもわかるというわけです。

また、お子さんを連れて移住する場合は学校や病院の状況も気になりますよね。各市町村データに小・中学校の学校数、児童生徒数も掲載。高等学校以降は学校名や住所電話番号を掲載。県内の病院も住所電話番号が掲載されています。

もちろん一番大きな湖は諏訪湖だね!

茅野市の特産品である寒天は県の特産品でもあるのです。

茅野市の人口は約5.5万人というのもすぐわかる

③名簿の種類の多さは圧巻

移住後、そういえばハローワークってどこにあるのかな?免許更新ってどこに行くのかな?とか地元の議員さんにちょっと連絡とってみたくなったりするじゃないですか。(3番目はあまりないと思いますけど)

そんなときも『長野県民手帳』ならハローワークの所在地一覧免許センターの所在地一覧県内の国会議員・県会議員の連絡先一覧も掲載されています。

こんな名簿まで載っている県民手帳…なんて恐ろしい子!

また、もちろん長野県に移住するにはどこに連絡するのか、移住後も仕事はあるのかしらという不安についてもこの通りご案内しております。(茅野市への移住相談は直接茅野市移住推進係までどうぞ!)

移住相談の連絡先まで網羅しているとはさては県民のためだけのものではないな?

④県歌『信濃の国』の歌詞カード&練習用音源の紹介までしてくれる

色々親切極まりない『長野県民手帳』のおかげでめでたく長野県に移住したとして、「どうしよう!県民ならみんな歌えると噂の『信濃の国』が歌えない!」とご不安に思っているそこのあなた、安心してください。県民なら歌えて当然扱いのこの歌をこっそり自宅で練習できるよう、歌詞カードがついているんです。でも、音源どうしよう?という心配もご無用。左上のQRコードを読み込むとちゃんと合唱団による信濃の国歌唱動画や長野県警察音楽隊による演奏音源も紹介してくれる親切ぶり。これで突然、信濃の国を斉唱する場面に出くわしても安心ですね!

まさか音源までついているとはおみそれしました。

以上、『長野県民手帳』のご紹介でした。皆さんかなり欲しくなりましたよね。下記に長野県民手帳の販売先一覧を掲載しておきますので、実際手に取ってみてください!

茅野市では各コンビニエンスストア、各ホームセンター(扱っていない店舗もあるそうなのでご注意ください)今井書店さん、矢崎書店さん、茅野市役所売店で販売中です。コンビニではレジ周りに置いてあることが多いです。

手帳取扱店一覧

市役所1Fからエスカレーターで2Fに上がった左奥に売店があるよ。よく見るとアイスの冷凍庫に県民手帳のPOPが貼ってあるね。

茅野市役所売店では陳列されていないので「長野県民手帳を下さい」とお声がけください。
※残念ながら売店ではフローラルピンクは売り切れだそうです(11/8現在)

11月3日「渋谷で感じる八ヶ岳のある暮らし。」を開催しました。

 

11月3日に茅野市の移住イベント「渋谷で感じる八ヶ岳のある暮らし。」を開催しました。

午後0時から「カフェ午後の森」さん提供のコーヒーやクラフトのワークショップからスタート。

クラフトのワークショップでは、「森のリース」、 「松ぼっくりのミニツリー」、「ヒノキのミニキーホルダー」を作成いただきました。(下の写真正面がワークショップブースになります。)

その後、イベントでは4名の方にゲストスピーカーとしてお話いただきました。

★「温泉もおしゃれカフェも!山好き移住女子が、八ヶ岳&”ふもと”をまるごと楽しむコツ、教えます。」

ゲストスピーカー:ちの観光まちづくり推進機構の喜多さん

(女子ならではの視点で、市内のカフェや温泉を紹介しました。)

★「神秘的な苔の森も・・・。北八ヶ岳はここがおもしろい!」

ゲストスピーカー:麦草ヒュッテオーナー島立さん

(白駒の池周辺の貴重な苔の楽しみ方や北八ヶ岳の魅力について話していただきました。)

★「本格登山で憧れの山頂へ・・・。南八ケ岳はここがおもしろい!」

ゲストスピーカー:硫黄岳山荘スタッフ鳥潟さん

(八ヶ岳に魅せられたことや南八ケ岳の楽しみ方について話していただきました。)

★「はじめよう!八ヶ岳のある暮らし」

ゲストスピーカー:中村さん

(数ある移住候補地のなかで茅野市を選ばれた経緯や、茅野市の魅力について語っていただきました。)

八ケ岳の魅力を様々な角度からお話いただきました。当日は天気も良く、絶好の登山日和でありましたが、約40名の方にご来場いただきました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

モンベル渋谷店は、渋谷駅から徒歩8分でアクセスを良く、イベント当日も多くのお客様でにぎわっておりました。そのおかげで、当日も多くの方にイベントにご来場いただけたと感じております。

今回のイベントにお力添えをいただきました皆さまにあらためて感謝申し上げます。

11月17日(土曜日)には、「八ヶ岳山麓で実現!アウトドア満喫ライフ体感ツアー」を開催いたします。四季折々に楽しみがある八ヶ岳。ぜひ、晩秋の八ヶ岳を体感しに茅野市にお越しください。

お申込みはこちらから→ http://rakuc.net/eventinfo/2018/10975/

 

たてしな日和『まめ部』始動!

 

楽ちのステーションにもご協力頂いている、茅野市北山のカフェ『茅野沢茶輪たてしな日和』さんで、11月25日(日)に『まめ部 第一回 豆を知ろう』が開催されます。「まめ部」創設についてはこちらのブログをご覧ください。

以下転載

蓼科では花豆を栽培している畑をよく見かけます。国産の高原花豆は栽培できる条件が難しく、大粒の高原花豆は大量収穫できず希少な豆で正に高級食材です。
そんな花豆が容易に栽培できる豊かな風土や環境が蓼科には備わっています。
私たちがいる蓼科で希少な豆を栽培できることを知って、もっと日常の食卓に豆を登場させたいと思って「まめ部」を創りました。
豆について教えてくださる講師は、茅野市北山で豆や野菜を栽培している野菜ソムリエ・農業家の篠原紀子さんです。
花豆をスタートに高原豆について、学んで作るから美味しいまで、私たちと一緒に楽しみませんか?

 ※第一部は満席となりました。現在第二部参加者募集中!興味のある方はお早めにお申込み下さい。

まめ部 第1回
『豆を知ろう』<花豆のはなし・どんなまめ?>

日 時:11月25日(日)
第一部11時~13時満席
第二部14時~16時

場 所:茅野茶輪たてしな日和

講 師:野菜ソムリエ・農業 篠原紀子さん

Instagam : @yama.no.gochisou

参加費:2000円
(税込・試食ランチとお茶代込み)

定 員:15名

申 込:茅野茶輪たてしな日和まで電話
またはFacebookページで 
 0266-55-3365(月・火曜は定休日)

※営業中などで電話に出られないことがあります。その際は留守番電話へメッセージをお願いします。

※イベントページはこちら

 

 

秋の移住者交流BBQと物件見学ツアーを開催しました!

 ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、10月27日(土)に「秋の移住者交流BBQと物件見学ツアー」を開催しました!たくさんのお客様にお申込みをいただいており、スタッフも張り切って準備を進めてきました。今回は楽園信州ちののイベントに初めて参加される方も多く、受付時は「どんな方に来ていただけるのかな~?」と楽しみ半分、緊張半分です。

市役所に集合後、開会式&移住セミナーを大会議室で。早めに到着された方も資料をじっくりご覧になっており、みなさんの真剣度が伝わります。

 当日は午前中が小雨の予報。前日夜はかなり激しく雨が降っており、当日朝も雨模様。。バーベキューは屋根付きの会場なので安心していましたが、せっかく来ていただいたのに八ヶ岳の景色を全くお見せできないのは惜しい…!

 …と思っていたら、少しずつ晴れ間が見えてきました!山には雲がかかっているものの、シーズン真っ盛りの紅葉が雨に洗われて一層美しく輝き出します。お客様をお招きするとき、どうにか天気に恵まれて美しい景色を見てもらえますようにと願う気持ちの強さは、茅野市民の特徴かもしれませんね。バスの窓から見える景色を楽しんでいただけて、ほっと一安心。

最初の物件は、観光客にも地元にも人気の公共日帰り温泉施設「縄文の湯」すぐそばの土地。不動産業者さんの説明にも熱が入り、皆さんから熱心な質問も!

続いて、茅野市の分譲地グリーンヒルズヴィレッジのご紹介。ガーデニングがご趣味の方がいらしたり景観が美しい地域なので、バスでぐるっと一周見て回りました。

グリーンヒルズ内の建築中の物件紹介。まだ骨格ができた段階でしょうか。この物件に限らない茅野市に家を建てる際のポイントを地元工務店の方が説明してくださり、とても参考になります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は土地、貸家、中古住宅の物件紹介に加え、建築中の物件をご紹介しました。

 (※30人規模のツアーのため、一度に皆様にお入りいただけないアパートなどは基本的にツアーではご紹介していませんが、市内にはたくさんアパートもあります。)

 地元の工務店が手掛ける住宅で、まだ骨格ができたくらいの状態。建築中の物件の中を見せていただく機会なんてなかなかないですよね。地元の工務店ならでは説明がわかりやすい!標高が高く冬場の寒さが厳しい茅野市での、家を建てる際のポイントを丁寧に説明していただきました。新築を考えていない方にとっても気密性や暖房効率などのお話は参考になりますし、もちろん中古住宅の改装の際にも役立ちます。午後に貸家や中古住宅を見学をされる際も、参加者の皆さんは早速、気密性や寒さ対策などのポイントをチェックしながらご覧になっていましたよ。

 

 さあ、お昼はお待ちかねの移住者交流バーベキュー!

 茅野市が誇る国宝「土偶」(縄文のビーナス、仮面の女神)が収蔵されている(現在はパリに出張中ですが…)尖石縄文考古館近くの「青少年自然の森」の立派な炊飯棟を昨年に続いてお借りしました。

 すでに茅野に移住された先輩移住者さんやバーベキューの主催者「移住者交流コミュニティ楽ちの倶楽部」のスタッフが早くから準備を進めてくれていたおかげで、ツアー一行が着く頃には準備万端!皆さん、熱々のお肉や野菜、焼きそばや豚汁、種類豊富な飲み物やリンゴ、お菓子などなどを食べながらワイワイおしゃべりを楽しみました。各テーブルにスタッフと移住者さん、ツアーのお客様が混じって座ったので、いろいろな立場から質問したりされたり、話題は尽きず……本当にあっという間の一時間半!「ツアーのみなさん、そろそろ出発ですよ~」とのご案内後も、名残惜しく立ち話を続けられる参加者さんもいらして、楽しんでいただけたことに感謝です。こうしたツアーにご参加いただいた後に実際に移住された方が、「私も先輩移住者として皆さんをお迎えする側になりました!」とうれしそうに語ってくださったのがとても印象的でした。活動を続けていくと、こういううれしいお言葉をいただくこともあって感激です。

 バーベキューの様子はこちらのブログ記事もご覧ください♪

 再びバスに乗り込んで、物件見学へ。

 物件については各取扱不動産屋さんが説明してくれるのでよく分かりますし、茅野市で家探しをする上でのいろいろな質問にも答えてもらえます。今回も参加者さんからいろいろな質問が出ていましたよ。積極的なお客様が多く、こちらも張り合いがあります!

八ヶ岳エコーライン近くの土地。眺望がよく、移住者さんに人気のエリアです。天気がよくなってきたので、奥に八ヶ岳も見えてきました♪

人気の玉川地区の貸家。お手頃な賃料に比べて、意外に広い!おまけに、ワンちゃん連れでも入居OKの物件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、トイレ休憩で立ち寄ったのは茅野市の老舗味噌店「丸井伊藤商店」。土曜日ということで大型観光バスのお客様もたくさんいらしていました。信州味噌や甘酒、漬物などのお土産が買えるだけではなく味噌蔵見学、珍しい「貧乏神神社」の参拝などもできるおもしろいスポットなんです!

 (最近できた「麹カフェ 醸し丸」については、以前ブログでもご紹介しました。)

 

伊藤社長自ら商品や施設内の説明をしてくださいました。皆さん、お土産もたくさん購入して楽しんでいただけた様子。

写真が暗いですが…味噌蔵見学。大きな樽がたくさん並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おかげさまで出発してからは雨が降ることもなく、市役所に戻る頃には夕焼け空がきれいに♪

 一日お付き合いいただいたお客さまに感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 市役所に戻ってからは、アンケートをご記入いただいてツアーは解散。ご希望の方は個別に物件相談・就職相談・その他移住全般に関わる相談に。「楽しかったよ~」と笑顔でお声がけいただくと、本当にうれしくなります。ぜひまたご参加くださいね!

 次回、冬の物件見学ツアーは2月16日(土)に予定しています。ツアー後には楽ちの倶楽部主催の新年会も計画していますので、ぜひまたお越しください♪スタッフ一同お待ちしています!