茅野市冬の始まり

 こんにちわ。篠原不動産の篠原です。(http://www.sino-fudosan.co.jp/)

 

 

 先週末から毎朝自動車のフロントガラスが氷に覆われる様になりました(標高約1000m)。毎朝出勤時にペットボトルにお湯を入れてフロントガラスにかける日々、茅野市の冬がスタートしたようです。

 

 茅野市に移住して知り合いが増えてくると、夏から秋にかけて、庭の畑の御裾分けが始まります。
 私の場合は10月下旬~11月初めから庭の渋柿を「さわし柿」にして配るのですが、今年は柿の実りが不調。加えて、甘さが微妙。10月末頃に客様用に30個程作ったものの、あまり甘くならなかったので差し上げることはありませんでした。

 毎年さわし柿を段ボール2個くらい作っていたのですが、今年は御裾分け用のさわし柿製作を中止し、家族向けに干し柿を作り始めました。…しかし、その段ボール2個分増えたせいで干し柿製作がなかなか終わりません。

 個人的に手間は一晩で出来上がる「お湯で作るさわし柿」がダントツに楽で、次いで1~2週間かけて作る「アルコールで作るさわし柿」。「干柿」はそれらの倍以上の労力がかかるので出来れば少なくしたいのですが、子供達は干柿が大好きなので作らないと言う選択肢がありません。

 結局昨年は300個でしたが、今年は500個程作った辺りで柿が熟し過ぎて柔らかくなってしまいました。残念。

 11月初めに作り始めた分は、そろそろ表面が乾燥し始め、娘たちが甘くなるようにモミモミと揉んでいます。

 田舎暮らしを始めたら家庭菜園!!と言う方も多いですが、その庭の片隅に柿など如何でしょう。ブドウ等より収穫できるようになるまで年月はかかるものの、世話いらずで(ここが重要)、収穫時期は丁度一般的な家庭菜園の野菜達が終わった辺り。個人的なお勧めです。

【参加者募集】野沢菜漬けの漬け方を教えてもらおう!

手しごと 野沢菜漬け

楽ちのステーションにもご協力頂いている、「茅野茶輪 たてしな日和」にて

蓼科手しごとシリーズ第2回目のイベント

『野沢菜漬けの 漬け方を 教えてもらおう!』が開催されます。

 

野沢菜漬けにチャレンジしてみたいというお客さまからの声を受けて、
皆さんで野沢菜の漬け方を学ぶイベントを企画しました。

米沢みどり市さんにご協力いただき、米沢地区の漬物上手の奥さまに実演をしていただきます。
その後はみんなで米沢米の新米でも食しながら漬物話に花が咲くといいな~ と考えています。
たてしな日和 横塚さん

 

野沢菜に霜が降りるようになってから本格的な野沢菜の漬けこみが始まり、
スーパーや直売所などでも生の野沢菜が並び始めます。
是非この機会に野沢菜の漬け方を教わって、自宅でも漬けてみてはいかがでしょうか。

 

日時:11月26日(日)10時~12時

参加費:1,200円(材料費・お茶代込み)

※たまり漬け、塩漬け各1 キロを後日お渡しします。

定員:10名

講師:米沢みどり市より

場所:茅野茶輪 たてしな日和

協力:蓼科別荘プロジェクト

申込・問い合わせ:たてしな日和へメールまたはお電話でお願いします

*********************************

茅野茶輪たてしな日和 

電話:  0266-55-3365

メール:info@tateshinabiyori.com

*********************************

岡山県・長野県合同移住相談会に参加しました。

11月5日に、有楽町にあります東京交通会館12階カトレアサロンで実施されました「岡山県・長野県合同移住相談会」に参加しました。天候にも恵まれて、大勢の方に茅野市のブースにお越しいただき、ありがとうございました。

11月5日のセミナーの風景です。

12月9日には、ふるさと回帰支援センターの長野県ブースで、茅野市の相談デスクを実施します。ぜひ、茅野市に興味のある方、ふるさと回帰支援センターにお越しください。

日時:平成29年12月9日(土)11:30~16:30

場所:楽園信州移住相談センター

   東京交通会館8階 NPOふるさと回帰支援センター内(東京都千代田区有楽町2-10-1)

   NPO法人ふるさと回帰支援センターへのアクセスはこちら

「広報ちの」移住特集!

 毎月1回発行、市内各家庭に配布される茅野市の広報誌「広報ちの」、11月号の特集は移住です。

 表紙は、「楽ちのステーション」としてもご紹介させていただいている「西尾珈琲」の西尾さんのすてきな笑顔!そしてタイトルは、「移住してよかった、茅野市に。」!

 巻頭ページには、楽園信州ちののサポートを受けて移住を実現された西尾さんと久村さんのインタビューが掲載されています。おふたりが移住を考え始めたきっかけ、実際に暮らしてみてよかったところなど興味深い内容です。続くページでは、楽園信州ちのの活動を紹介させていただきました。

 市民のみなさんにこそ、移住者目線を通して改めて茅野市のすばらしさに気づいてもらいたい!

 「選ばれるまち」であることを誇りに思ってほしい!

 そんなことを考えながら書きました。楽園信州ちのの取り組みを多くの方に知っていただくきっかけになればうれしいです。

 そしてこれからますます、地元のみなさんと移住者のみなさんのよい関係が生まれ、まちが元気になりますように…!

 

 ○「広報ちの」は市内の公共施設や金融機関、コンビニエンスストアで入手できます。

 ○ PDFデータはこちらからご覧ください。

 

茅野市でエコフェスタ(さわれる地球)

10月28日 茅野市高原のまちエコフェスタ2017が行われました。記念の20回ですが、雨と風の大荒れの天気! でも家族連れの方に大勢ご来場いただきました。いろいろなブースがありましたが興味深かったのは、さわれる地球でした。


 

 

 

 

 

 

地球儀に映し出された画像で、クロマグロの産卵地と回遊を見る事ができます。

金星

これは、何だかわかりますか? なんと金星です。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ちょうど心配している台風22号の動きもリアルタイムで知る事ができます。


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

月の裏側を見る事もでき面白いコーナーでした。

staff  by  どんぐり