【参加者募集】野沢菜漬けの漬け方を教えてもらおう!

手しごと 野沢菜漬け

楽ちのステーションにもご協力頂いている、「茅野茶輪 たてしな日和」にて

蓼科手しごとシリーズ第2回目のイベント

『野沢菜漬けの 漬け方を 教えてもらおう!』が開催されます。

 

野沢菜漬けにチャレンジしてみたいというお客さまからの声を受けて、
皆さんで野沢菜の漬け方を学ぶイベントを企画しました。

米沢みどり市さんにご協力いただき、米沢地区の漬物上手の奥さまに実演をしていただきます。
その後はみんなで米沢米の新米でも食しながら漬物話に花が咲くといいな~ と考えています。
たてしな日和 横塚さん

 

野沢菜に霜が降りるようになってから本格的な野沢菜の漬けこみが始まり、
スーパーや直売所などでも生の野沢菜が並び始めます。
是非この機会に野沢菜の漬け方を教わって、自宅でも漬けてみてはいかがでしょうか。

 

日時:11月26日(日)10時~12時

参加費:1,200円(材料費・お茶代込み)

※たまり漬け、塩漬け各1 キロを後日お渡しします。

定員:10名

講師:米沢みどり市より

場所:茅野茶輪 たてしな日和

協力:蓼科別荘プロジェクト

申込・問い合わせ:たてしな日和へメールまたはお電話でお願いします

*********************************

茅野茶輪たてしな日和 

電話:  0266-55-3365

メール:info@tateshinabiyori.com

*********************************

「広報ちの」移住特集!

 毎月1回発行、市内各家庭に配布される茅野市の広報誌「広報ちの」、11月号の特集は移住です。

 表紙は、「楽ちのステーション」としてもご紹介させていただいている「西尾珈琲」の西尾さんのすてきな笑顔!そしてタイトルは、「移住してよかった、茅野市に。」!

 巻頭ページには、楽園信州ちののサポートを受けて移住を実現された西尾さんと久村さんのインタビューが掲載されています。おふたりが移住を考え始めたきっかけ、実際に暮らしてみてよかったところなど興味深い内容です。続くページでは、楽園信州ちのの活動を紹介させていただきました。

 市民のみなさんにこそ、移住者目線を通して改めて茅野市のすばらしさに気づいてもらいたい!

 「選ばれるまち」であることを誇りに思ってほしい!

 そんなことを考えながら書きました。楽園信州ちのの取り組みを多くの方に知っていただくきっかけになればうれしいです。

 そしてこれからますます、地元のみなさんと移住者のみなさんのよい関係が生まれ、まちが元気になりますように…!

 

 ○「広報ちの」は市内の公共施設や金融機関、コンビニエンスストアで入手できます。

 ○ PDFデータはこちらからご覧ください。

 

八ヶ岳、早くも雪化粧です

ちょっと見にくいですが、南八ヶ岳方面を撮った写真です。

 ここ数日の冷え込み、そして天候で八ヶ岳に雪が降りました。

 今日は久しぶりの快晴で、雪化粧をした八ヶ岳が青空にくっきりと映えていました。

 これはみなさんにお知らせしなければ!と市役所8階から写真を撮ってみましたが…ガラス越しということもあり、ちょっと分かりにくいかもしれませんね(;O;)

 晴天率の高い茅野市。冬の八ヶ岳の美しさはまた格別です!ぜひご自身の目でご覧くださいね。

 

少し拡大。特に横岳周辺に積雪が多いように見えます。登山にお越しの際は、雪の状況をルート近くの山小屋にお問合せください。

 なお、市街地はご覧のとおり積雪はありませんが、国道299号線(メルヘン街道)の麦草峠周辺は積雪のため現在通行止めとなっています(2017年10月26日17:30時点)。また、すでに解除されていますがビーナスラインの一部区間も積雪のため通行止めとなっていました。詳細は道路管理者である長野県諏訪建設事務所のツイッターをご覧ください。

 地元でも、11月に入るとそろそろスタッドレスタイヤの履き替え時期を考えます。観光等でお越しになる方、茅野市の観光地は標高の高い場所が多いので、特に天候等ご注意くださいね。

 

市役所の8階からは天気がよいと北アルプスもきれいに見えます。 茅野市にお越しの際はどうぞお立ち寄りください♪

 

 

【急募】移住体験住宅利用者募集11月~2月

1棟2室あり、左が「すみれ」・右が「さくら」です

1棟2室あり、左が「すみれ」・右が「さくら」です

移住体験住宅追加利用者募集

キャンセルが発生いたしましたので追加募集を行います。

募集利用期間

さくら(ペット相談可)
平成29年11月1日(水)13:00~平成29年11月30日(木)12:00までの1ヶ月間

すみれ(ペット不可)
平成29年12月1日(金)13:00~平成30年2月28日(水)12:00まで

※利用期間によってはさくらとすみれの部屋交換も可。ご相談ください。

募集するお部屋

すみれ・さくら(ペット相談可)

お申込み方法

利用を希望される方は下記募集ページの利用規定をご確認頂き、「第3期利用申込フォーム」よりお申込み下さい。1ヶ月単位で2ヶ月間の利用も可能です。

平成29年度移住体験住宅利用者募集

募集期間

本日~利用者決定まで

11月利用分に関しては10月末日までの募集となります。

利用者決定

通常募集と同様、申込者多数の場合は申込書の内容をもとに利用者を決定いたします。

詳しくは楽園信州ちの協議会事務局(0120-002-144)までお問い合わせください。

 

秋の移住者交流BBQと物件見学ツアーを開催しました!

 10月21日(土)に「秋の移住者交流BBQと物件見学ツアー」を開催しました!

 台風21号が近づくなか、スタッフ一同「キャンセルがたくさん入ってしまうかも…」「みなさん無事に茅野に来ていただけるだろうか…」とドキドキしながらお待ちしていました。

 

 ・・・が!!!

 

 直前のキャンセルはゼロ!みなさん開始前に余裕をもってお越しいただき、無事に全員(14組27名)の方をお迎えすることができました。

 

 まずは、茅野市役所の会議室で移住セミナー。茅野市の概要と、物件探しのポイント説明を聞いていただきました。

移住セミナー。みなさんメモを取りながら真剣に聞いています。

 

 公務の合間を縫って駆け付けた茅野市長の挨拶で出発式を行い、2台の車に乗り込んでいよいよ市内を回ります。今回は0歳、1歳、2歳のお子さんもご参加!お子様連れのご家族2組は10人乗りのワゴン車にチャイルドシートを取り付けてお乗りいただきました。

 

最初に見たのは、新築の賃貸物件。ご入居前のお部屋を見せていただきました。「わあーピカピカ!」と歓声も。

ふたつめの物件は、中古の戸建て。とっても立派なお庭があります。左に写っているバスとワゴン車の2台で市内を回りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時折小雨がぱらつくものの、大きく崩れず、気温もそれほど下がらず。参加者さんからは「思ったほど寒くなくてよかったです♪」とのお声も。

 そしていよいよお待ちかねの移住者交流バーベキュー!場所は「尖石(とがりいし)縄文考古館」近くの「青少年自然の森」です。キャンプファイアーや飯盒炊飯などの野外体験ができる茅野市の教育施設で、宿泊棟もあります。今回はこちらの炊飯棟でバーベキューを行いました。

 私たちが到着したときにはすでにお肉や野菜が焼けるいい音、いいにおい!

 移住者交流コミュニティ「楽ちの倶楽部」のみなさん、先輩移住者のみなさんが早くから準備をしてくださったんですね。ありがとうございます!

 7つのテーブルそれぞれに、ツアー参加者さん、楽ちの倶楽部スタッフさん、先輩移住者さんが混じって座り、まずは自己紹介。少しずつ打ち解けていろいろな話をしながらも、次々と運ばれてくるおいしいお肉や野菜、焼きそば、楽ちのスタッフ手作りのあたたかい豚汁…!会話もお食事も楽しんでいただきたいという楽ちの倶楽部スタッフさんの願いどおり、会場は大盛り上がり!各テーブルでは、「冬の寒さが心配なんだけど大丈夫かな…?」という素朴な疑問から「茅野市で一緒にこんなことしましょうよ!!」という夢まで、おおいに会話も弾みました。

 

 

炊飯棟は野外といってもこんなに立派な屋根付き!小雨が降ってもへっちゃらです。

おいしかった!BBQスタッフのみなさん、準備も片付けもありがとうございました!

屋根の下はこんなにゆったり(これで半分です)。総勢約50名の大BBQ大会でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あっという間に一時間半が過ぎ、「せっかくなので、バスに戻りながら尖石縄文考古館に展示されている国宝の土偶、縄文のビーナスと仮面の女神も見てみてくださいね」とご案内。まだまだ話したいこといっぱい!と後ろ髪を引かれつつ、みなさん出発の準備です。

 ちなみに、この日は「縄文ライフフェスティバル」期間中だったため考古館の入場は無料。ただし、2体の国宝土偶は京都国立博物館で開催中の国宝展に出張していてレプリカの展示でした(もちろん、みなさんには朝のセミナーでご案内しましたよ)。今度はぜひ、ホンモノも見に来てくださいね♪

 

 さあ、再びバスに乗り込んで物件見学。茅野市が販売している「グリーンヒルズヴィレッジ」を車窓からご覧いただいたほか、土地や中古物件、貸家を見学しました。各物件、取り扱いの不動産業者さんからの説明がありますので、資料には載せきれない情報もたっぷり伝わります。

 物件紹介のなかで、「いい物件に出会うコツは、いい物件でなく、いい不動産屋を探すこと!」とのお話もありました。1日でご紹介できる物件は限られていますが、ツアーをきっかけに不動産屋さんとつながりができ、そこから希望に合った物件に出会えるかもしれません。ツアーにご参加の際は、ぜひ不動産屋さんに積極的に質問をしてみてくださいね。

 

土地のご紹介。周囲に病院・温泉・スーパーなどが充実していますとの説明にみなさん真剣です。

広い敷地に母屋、小屋、お風呂小屋、畑という個性的な物件。じっくりとご覧いただきました。

里山に面した土地のご紹介。1区画では工事が始まっており、みなさん暮らしを想像しながら説明を聞いていました。

薪ストーブをつけるならこうしたほうがいいなど、不動産屋さんのお話はとても参考になります。質問もたくさん挙がりました。

小さな参加者さんも元気!途中でネンネしたりおやつを食べたり、お子さんのペースを大切に。最後までとってもいい子でした。

 

 今回は最後に、移住体験住宅もご覧いただきました。いつもは入居者さんがいらっしゃるので中はお見せできないのですが、今回は珍しくタイミングが合いました。集中して物件探しや仕事探しをするために、また、まちの環境や気候を体感するために、体験住宅はとてもおすすめです!来年度の入居者募集も始まっていますので、ぜひご利用ください。

 

 市役所に戻ってきたのは午後5時前。アンケートにご記入いただき、解散となりました。ご希望の方には個別相談の時間を取り、住宅のこと、就職のことなどのご相談に対応しました。みなさんの熱意に、こちらはとてもうれしく感じるとともに気が引き締まりました。

 

 

 熱心な参加者のみなさんに恵まれ、いろいろな方のご協力もあり、充実した1日になったと思います。

 次回の物件見学ツアーは2月17日(土)の予定です。真冬の茅野市に、ぜひお出かけください。次回は餅つき体験や郷土料理のお食事を楽しんでいただく予定!ご期待ください。

 

 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

 

茅野に竪穴式茶室「低過庵」誕生 10/20に藤森照信さんトークイベント

 茅野市出身で、近代建築史・都市史研究の第一人者である藤森照信さん。アメリカのTime誌の「世界でもっとも危険な建物トップ10」に選ばれた「高過庵(たかすぎあん)」を設計した建築家としても知られています。

 そんな藤森さんの新作茶室が、「高過庵」のある敷地(茅野市宮川高部)に誕生しました。

 茅野市で開催中の「八ヶ岳JOMONライフフェスティバル」の関連事業「縄文アートプロジェクト2017」のなかでこの夏、一般参加者を募ったワークショップ形式で制作。9月に完成し、お披露目されました。

 その名も、「低過庵(ひくすぎあん)」!

 「高過庵」は地上約6mの高さの、木の上に庵がのった茶室ですが、「低過庵」は竪穴式茶室。地下にもぐるような形になっています。

 ふたつの茶室は通常外観の見学のみ可能ですが、10月15日(日)、10月20日(金)、10月22日(日)の10:30~13:00に、「低過庵」の内部が公開されます。申込不要、無料とのことですので、ぜひこのチャンスをお見逃しなく。きっとわくわくするような体験ができますよ。

 また、10月20日(金)には、茅野市民館マルチホールで、藤森照信さんと写真家の藤塚光政さんによるトークイベント「人が求める住まいとは?」が開催されます。「低過庵」を中心に、〈縄文〉〈土〉などのキーワードとともに「人の居心地のいい場所」についてうかがう内容。こちらもなんと無料!ぜひご参加ください。

 詳しくは、縄文アートプロジェクト2017のホームページをご覧ください。

 

■藤森照信新作茶室 竪穴式茶室「低過庵」公開日

10月15日(日)10:30~13:00

10月20日(金)10:30~13:00

10月22日(日)10:30~13:00

会場:低過庵(茅野市宮川高部、神長官守矢史料館近く)

料金:無料

※申込み不要、会場にて受付順におひとり10分ほど入室いただけます。

※受付は終了30分前にお済ませください。

 

■トークイベント「人が求める住まいとは?」

2017年10月20日(金)18:00開場、18:30開始

会場:茅野市民館 マルチホール

観覧料:無料(申込み不要、定員600名)

出演:藤森照信(建築史家・建築家)、藤塚光政(写真家)

ファシリテーター:志水りえ(モダンリビング編集長)

 

 

※茅野市宮川高部には、上記の「高過庵」と「低過庵」以外にも「空飛ぶ泥舟」と「茅野市神長官守矢史料館」というフジモリ建築があります。通常、「茅野市神長官守矢史料館」以外は内部の見学はできません。外観の見学は可能ですが、周辺のご迷惑にならないようご配慮いただき、安全にご見学ください。

諏訪地域〈転職・移住者〉就職説明会が開催されます

 

諏訪地域〈転職・移住者〉就職説明会

日時:平成29年11月7日(火)

   13:30~16:00(受付:13:00~15:00)

会場:諏訪市文化センター(諏訪市湖岸通り5丁目12−18)

参加対象者:離転職者他、I・Uターン就職希望者、移住者、H30年3月学卒者等職を求める方

 

 

 諏訪地域での就職をお考えの方向けの就職説明会が諏訪市で開催されます。諏訪地域を中心に90社ほどの企業が参加予定。経営者や人事担当者と直接話せるチャンスです。

 茅野市への移住をお考えの方、市内に限らず、諏訪地域の6市町村(岡谷市、下諏訪町、諏訪市、茅野市、原村、富士見町)は十分に通勤圏内ですので、就職をご希望の方はぜひご参加ください。

 また、当日は諏訪圏移住相談センターの相談員が「移住相談コーナー」で仕事、住まい、生活の総合相談に応じますので、こちらにもぜひお立ち寄りください。

 参加費無料。事前申し込みも不要です。

 詳細はこちらのホームページをご覧ください。

 

【参加者募集】マルメロ(かりん)シロップ作りを楽しむ。

楽ちのステーションにもご協力頂いている、「茅野茶輪 たてしな日和」にて

蓼科手しごとシリーズ第1回目のイベント

『マルメロ(かりん)シロップ作りを楽しむ。』が開催されます。

 

かりんはお隣、諏訪市の市木で諏訪市内各所に植えられています。

一番有名なのが、諏訪湖畔のかりん並木でしょうか。

でも、イベント名にもあるように実際はかりんではなくマルメロというらしいです。

詳しくは諏訪市のホームページをご覧ください。

諏訪市ホームページ かりん並木について

最近、季節の移り変わりや朝晩の冷え込みで風邪をひきやすい時期ですので、

古くよりのどに良いとされたかりんシロップを作ってみてはいかがでしょうか。

 

日時:10月15日(日)10時~12時

参加費:1,700円(材料費・ビン代・お茶代込み)

定員:15名

講師:下諏訪Cafe食堂1093 徳永幸子さん

場所:茅野茶輪 たてしな日和

協力:蓼科別荘プロジェクト

申込・問い合わせ:たてしな日和へメールまたはお電話でお願いします

*********************************

茅野茶輪たてしな日和 

電話:  0266-55-3365

メール:info@tateshinabiyori.com

*********************************

2018年度茅野市移住体験住宅の募集を開始しました

2018年度(平成30年度)の茅野市移住体験住宅の利用者募集を開始しました。

2018年度茅野市移住体験住宅のご案内

 

また、現在キャンセルにより空室の2017年11月の利用者を募集しております。

平成29年度茅野市移住体験住宅のご案内

※上記ページ内「第3期申込フォーム」からお申込み下さい。10/5(木)締切

【急募】移住体験住宅11月利用者募集

1棟2室あり、左が「すみれ」・右が「さくら」です

1棟2室あり、左が「すみれ」・右が「さくら」です

移住体験住宅11月利用者募集

11月にキャンセルが発生いたしましたので追加募集を行います。

募集利用期間

平成29年11月1日(水)13:00~平成29年11月30日12:00までの1ヶ月間

募集するお部屋

すみれ・さくら(ペット相談可)

お申込み方法

利用を希望される方は下記募集ページの利用規定をご確認頂き、「第3期利用申込フォーム」よりお申込み下さい。1ヶ月のみの利用の他、11月~12月の2ヶ月間の利用も可能です。

平成29年度移住体験住宅利用者募集

募集期間

本日~10/5(木)締切

利用者決定

通常募集と同様、申込者多数の場合は申込書の内容をもとに利用者を決定いたします。

詳しくは楽園信州ちの協議会事務局(0120-002-144)までお問い合わせください。

 

「ふるさと回帰フェア2017」に出展しました!

    9月10日(日)に有楽町の東京国際フォーラムで行われた「ふるさと回帰フェア2017」に茅野市も出展してきました!

 国内最大の移住マッチングイベントということで、北海道から沖縄まで、全国から350の自治体が出展。広いホールにびっしりと、各自治体のブースが並びます。

  茅野市のブースは入り口から遠い場所にあったものの、ほぼ途切れることなくお客様にお立ち寄りいただきました!市役所、商工会議所、不動産業のスタッフが交代で対応させていただきましたが、お席のご案内までお待たせしてしまう時間帯も…それでも根気よくお待ちいただき、ありがとうございました。

 「物件見学ツアー」など、市内でのイベントにご参加いただいた方にもお会いすることができ、とてもうれしいひとときとなりました。

 同じ列には、諏訪湖移住プロジェクト(諏訪市、下諏訪町、岡谷市)、諏訪圏移住交流推進事業連絡会、原村のブースが並び、お客様のご希望に合わせて他ブースもご紹介しながらご相談に応じました。

 見てください!一列全部の席が埋まっています! 

 「山好きのお客様がいらしたから、茅野市さんも一緒にお話ししましょう!」とリクエストを受け、ブースをまたいでのご対応も…。和やかな雰囲気で、たくさんお話しさせていただきました。

 茅野市ブースにお越しいただいたみなさん、ありがとうございました!

 今後も都内でお目にかかる機会があると思いますので、ぜひまたお運びくださいね。

 そしてもちろん、ここ茅野市でもお待ちしております♪

 

 

公立大学法人公立諏訪東京理科大学の職員募集について

茅野市内唯一の大学である「諏訪東京理科大学」は、その設置者を諏訪地域6市町村が設立する一部事務組合が新たに設立する公立大学法人に変更することを目指し、準備を進めています。新公立大学の開設時期は2018年4月を目標としています。

(諏訪東京理科大学の公立化に関する詳細は、こちらのホームページをご覧ください)

 

これに伴い、職員の募集が行われます。

採用日は平成30年4月1日、応募受付期間は平成29年9月11日(月)~9月29日(金)です。

(職員の身分は、非公務員の法人職員となります)

詳細は、諏訪東京理科大学のホームページまたは茅野市大学準備室のホームページをご覧ください。

 

素敵なお客様

市役所の移住相談窓口に、夏休みらしいお客さんが相談に来てくれました。

夏休みの宿題で提出する社会科のレポートに、移住体験住宅をテーマにしてくれた、かわいい記者さんです。

なんでも、「身の回りや旅行で訪れた先にある建造物などについて、どうしてそれがつくられたか、どのように役に立っているかなどをレポートにまとめる」という課題だとか。

プリントの注意書きには、しっかり根拠となる文献等も示すよう指示がありました。

 

うーん、なかなかむずかしい!でも、興味深い課題ですね!

 

中学1年生のりおちゃん、「移住体験住宅をやることに、どんなプラスの効果があるんですか?」と、鋭い質問を投げかけてくれました。

真剣なまなざしと、必死にメモを取る姿。 素直な視点からの質問に、答える私たちも緊張感がありました。

 

お父様も茅野市への移住を検討して下さっているそうで、鋭い質問をしてくださいました。お話の進め方も、質問もとってもスマート。

後々お話を聞くと、お父様は報道関係のお仕事をされているそうです。 かわいい記者さんも、お父様の素敵な影響を受けていらっしゃるんでしょうね。

 

とっても素敵な親子と出会えました。
りおちゃん、お父さん、楽しい時間をどうもありがとう! 移住体験住宅をきっかけに、宿題も移住も成功するといいですね!

白樺湖で高原の花火大会を楽しもう!

 明後日、8月10日(木)は茅野市内で唯一の花火大会「第45回白樺湖夏祭り花火大会」!

 標高約1,400mの白樺湖は周りを山に囲まれているので大迫力の反響音が胸に響きます。

 19:30打ち上げ開始、駐車場は南白樺湖、西白樺湖に加え大門峠の信号機付近の臨時駐車場が利用できます(いずれも無料)。

 澄んだ空気に映える美しい花火を堪能しましょう。

 高原の夜は冷え込みますので、寒さ対策はしっかりとお願いしますね!

 詳細はこちらのホームページをご覧ください。

 

 ■茅野市周辺のその他の花火大会

 ○白樺高原花火大会(女神湖) 8月11日(金・祝)

 ○諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖) 8月15日(火)

 ○サマーナイトファイヤーフェスティバル(諏訪湖) 8月27日(日)までの毎晩(8/15を除く)

 ○全国新作花火競技大会(諏訪湖) 9月2日(土)

 

事務局夏季休業のお知らせ

楽園信州ちの事務局では下記の通り夏季休業となります。

 

平成29年8月11日(金・祝)~8月16日(水)の6日間

 

茅野市役所観光まちづくり推進室移住推進係はカレンダー通り8月14日・15日・16日も開庁しております。上記期間のお問合せ・ご相談は移住推進係へお願いいたします。また、お越しの際は担当者不在の場合もございますので、事前にご連絡願います。

茅野市役所観光まちづくり推進室移住推進係 0266-72-2101(内線461)

1 / 912345...最後 »