蓼科八ヶ岳自然学校のご紹介

ekotua-

9/10(土)・10/1(土)、蓼科八ヶ岳自然学校にて小学生を対象に

鹿の問題と黒曜石に関するエコツアーを開催します。

鹿といえば車山・霧ヶ峰のニッコウキスゲの食害です。

今年は電気柵の効果があり、今ちょうど見ごろを迎えているようです。

ニュース記事 THEPAGEより)

そんな鹿と森の関係を考えるプログラムの他、縄文時代に矢じりにも使われていた黒曜石を

通じて縄文時代の人々の生活を体験するプログラムの2つを開催します。

是非興味のある方はお出かけください。

※詳細はチラシの連絡先にお問い合わせください。

蓼科八ヶ岳自然学校について

北八ヶ岳千駄刈の森にある『蓼科八ヶ岳自然学校』は

八ヶ岳の恵まれた自然環境の中、自然体験活動を全国へ発信、普及する為設立されました。

四季を通して様々な自然体験プログラムを開催しています。

今は緑あふれる夏の季節、キャンプや森遊び、木登りなどを開催しています。

(そういえば最近子供が木に登っているの見かけませんね)

こちらで『ナイトウォーク』(星空と野生動物の観察)を担当している

インタープリター(指導者)の吉村さんは昨年の春、北海道から移住された移住者さんです。

北海道も自然豊かな所ですので、どうして茅野にいらっしゃるのですか?とお尋ねしたところ、

『北海道も素敵な所ですが、蓼科の星空が一番好きなんです。その魅力を皆さんに伝えたい。』

とおっしゃっていました。

茅野もコンビニや24H営業のスーパーもあり、とても便利になりました。

でもたまには電気を消して夜空を眺めてみるのも良いかもしれませんね。

吉村さんの『ナイトウォーク』は予約制です。

興味のある方は八ヶ岳自然学校までお問い合わせください。

是非、蓼科の星空や自然に触れてみてください。

 

 

 

 

6市町村の提携サービスのご紹介

最近は「暑い日が続きますね」以外の挨拶が思い浮びません。

「だいぶ涼しくなりましたね」の挨拶が待ち遠しいです。

さて、地元の人の言葉でいうところの「諏訪の平ら」、

諏訪6市町村(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)

では共同で利用できるサービスがあります。

今日はこのサービスの一部を紹介したいと思います。

この諏訪6市町村圏内で通勤・通学を行っている人が多いので、

日常6市町村内の行き来は非常に多いです。

そのため各市町村が連携して行うサービスは非常にありがたいですね。

 

1.図書館(諏訪広域総合目録

6市町村・7図書館の所蔵から検索・予約・取り寄せが可能です。

返却もどこの図書館でも受付てくれるのでとても便利です。

2.各証明書の諏訪地域(6市町村)の広域交付(茅野市HP

自分の住んでいる市町村以外(諏訪6市町村)でも、戸籍謄本(抄本)、住民票の写し、印鑑登録証明書、一部の税証明の交付が受けられます。

 

2.の各証明書の広域交付は2015年の11月から始まったサービスの様です。

最近知りました。いざ必要なときに自分の住んでいる市町村窓口より他市町村の窓口の方が

都合が良かったりしますので、便利ですね。

また茅野市では郵便局や地区コミュニティセンターなどでも証明書の交付が受けられます。

ちなみに茅野市内の地区コミュニティセンターには図書館分室もあり、

茅野市図書館(本館)と分室で上記のような連携もしていますので、こちらも便利です。

茅野市民となった際にはぜひご利用ください。

 

 

 

茅野市で農地取得面積を改定!農地が取得しやすくなりました。

本日の長野日報の記事によると、29日に行われた農業委員会総会で、農地取得のための下限面積(最小面積)が市内均一30アールとする方針で一致したそうです。今までは、20アール~50アールと茅野市内の地域で異なっており、また農業を新規に始めたい人にとっては50アールは大きな壁になっていました。30アールは、約910坪、この面積なら可能性があるのでは・・。荒廃農地防止や新規就農者のためにもいいニュースでした。これからも茅野市の斬新的な取り組みに期待したいところです。

staff by どんぐり

SANYO DIGITAL CAMERA

茅野市北山に広がるトウモロコシ畑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコーライン周辺に広がる田んぼ

SANYO DIGITAL CAMERA

八ヶ岳を背景に広がる農地

『茅野市地域資源を活用した移住促進事業創業支援補助金』のご案内

創業補助金

茅野市では『人が人を呼ぶ持続可能な交流移住モデル推進事業』として、市を訪れた方々が地元の皆さんと交流できる場所を提供する事業(ゲストハウス、シェアハウス、交流カフェ、農業体験施設等)を創業する方に対して上限300万円の補助金をご用意しました。

詳しくは茅野市ホームページをご覧ください。

※補助金に関するお問い合わせは茅野市役所産業経済部移住推進室まで

産業経済部 商工課 移住推進室

〒391-8501茅野市塚原二丁目6番1号

電話番号:0266-72-2101(内線413) FAX番号:0266-72-4255

メールアドレス:iju@city.chino.lg.jp

 

楽園信州ちのマスコットガール女神涼誕生

諏訪に諏訪姫でお馴染みのピーエムオフィスエーさんに

楽園信州ちのバージョンの女神涼をつくっていただきましたよ。

(諏訪姫公式サイト すわひめパラドックス

 

 

じゃ~ん!!

★女神涼(透過)+楽ちのver+清書

ツアーにお越しの方はご存知、黄色ののぼり旗に

スタッフが着用しているオレンジポロシャツを着ています。

縄文のビーナスのペンダントもしていますね。

これからホームページやいろいろなパンフレットにも登場する予定です。

茅野市公認キャラクターの『女神涼』をよろしくお願いします!

諏訪大社上社御柱祭「山出し」曳行日程

2月に入り、いよいよ活気づく御柱祭です。今回の御柱祭曳行工程が地元新聞に発表になりました。4月2日(1日目)は、エコーライン東の綱置場から里に向かって曳行となります。本宮一の御柱は、木落とし上で待機。4月3日(2日目)は、午前9時より本宮一の御柱から木落としとなります。本宮一から本宮三の柱まで合計5本の柱の木落としが行われ、続いて川越しとなります。この日の川越しは、本宮一・前宮一・本宮二の3本です。4月4日(3日目)は、前宮三から前宮四の3本の御柱の木落とし、前宮二から前宮四までの5本の柱の川越しとなります。いよいよ2月15日は、抽選会です。もっとも緊張する一日になりそうです。     by  staff   どんぐり

DSC02614 (400x300)

茅野市 市民農園の募集始まる

茅野市では、市民(茅野市の別荘所有者)に対して、市民農園の利用者募集を始めました。今年は、2月26日までが応募の締め切りとなります。多数申込者の場合は、抽選となります。貸農園は3ケ所ありますのでお早めにお申しこみ下さい。

by   staff  どんぐり

DSC02612

空き家・二地域居住住居の管理サービスについて

茅野市街地の紅葉も落葉し始め、冬の足音が近づいてきました。

そろそろスタッドレスに替える予定を立てないといけませんね。

12月に入るといつ降雪があるかわかりませんから。

茅野市へいらっしゃる方も12月からはスタッドレスですよ。

さて、今回は最近人気の二地域居住について嬉しいサービスがありましたのでご紹介したいとおもいます。

まずは二地域居住って何かというお話ですが、

自宅の他に週末やある特定の季節のみ別地域に居住する移住スタイルのことです。

仕事が定年になったら…子供が自立したら…という人生の節目で完全移住しようという方もいれば、

都会と田舎の両方の暮らしに魅力を感じているので、どちらか選択できないという方も。

今までは別荘を所有するのが主流でしたが、現在は普通の住居を二地域に所有する方も増えています。

それが二地域居住というスタイルです。

この二地域居住を実践するうえで出てくる問題が「不在時の物件管理」です。

春夏の草刈り問題、秋の落葉の清掃、冬の雪かき、空き巣対策、etc…

茅野の場合冬期の水道管凍結対策として水抜き作業なども必要です。

最近はセ〇ムやアル〇ックなどの警備サービスでも空き家サービスが充実してきてはおりますが、

初期投資が高額であったり、やってほしいサービスと少し違うことも…

地元企業で同じようなサービスをやっていないか調べたところ、ございましたので紹介したいと思います。

 sinn akiya 5

サービス内容詳細はこちら

就職支援で楽園信州ちのにご協力いただいている(株)ミットの生活サービス部門で空き家管理のサービスを行っているようです。

二地域居住の物件管理にお困りの方、これから二地域居住を始めようと思っている方、興味のある方は是非お問い合わせください。

 

御柱祭『木落し公園』の眺望を楽しめる橋に。~「上川橋」架け替えへ~

茅野駅から南へ、宮川地区に続く旧甲州街道。

旧甲州街道を進むと、諏訪湖へそそぐ一級河川・上川に架かる『上川橋』があります。

昭和10年(1935年)に完成した『上川橋』には、四隅に石張りの尖塔形で高さ3.4メートルの〈親柱〉があり、特徴的です。

その『上川橋』が架け替えられることになりました。

〈親柱〉が特徴的な上川橋

〈親柱〉が特徴的な上川橋

橋の四隅に存在する〈親柱〉

橋の四隅に存在する〈親柱〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『上川橋』からは、来年の春に行われる御柱祭の諏訪大社上社山出しの見所のひとつである〈木落し〉が望め、八ヶ岳の眺望も楽しめます。

今回決定した『上川橋』の架け替えは、上川と八ヶ岳が織り成す景観や、諏訪大社上社御柱祭の木落しが行われる『木落し公園』の眺めを大勢の人が楽しめる 憩いの空間づくり、祭りの混雑緩和にもつなげるためのもの ということです。

上川橋から望むJR中央本線と『木落し公園』

上川橋から望むJR中央本線と『木落し公園』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『上川橋』から望む『木落し公園』は、茅野市宮川地区にあり、御柱祭の〈木落し〉の舞台になることで有名な公園です。

 

 

 『木落し公園』の頂上

『木落し公園』の頂上

いよいよ平成28年4月御柱祭の開催です。

いよいよ平成28年4月御柱祭の開催です。

斜度27度の〈木落し坂〉

斜度27度の木落し坂

この急坂を御柱が一気に下ります。

この急坂を御柱が一気に下ります。

 

斜度27度の木落し坂を御柱が一気に下る迫力と湧き上がる歓声や拍手・・・  想像するだけでワクワクします。

 

『木落し公園』は御柱祭〈木落し〉以外にも、茅野市を見渡せる展望や冬はそり遊びなどができ、大人から子どもまで人気のある公園です。

公園から望む茅野市街地

公園から望む茅野市街地

 

新しい『上川橋』は、2022年の御柱祭に向けて整備される予定で、来年春の御柱祭は現在の橋を使用するようです。

 

現在の『上川橋』は一日平均9600台が通過する橋でありながら、車道幅6.6メートルであり、歩道も景観をゆっくり楽しめる・・・という程の広さは確保されていません。

 

新しい橋は、車道幅も6.6メートルから9.75メートルに拡がり、歩道幅も上流側が3.5メートル、下流側も2.5メートルとなる計画で、交通面でもより安全になり、景観も充分に楽しめる橋に生まれ変わるようで、今から楽しみです。

 投稿者

八ヶ岳 不動産 、原村、別荘|八ヶ岳ライフ

長野県の不動産鑑定評価相談センター

不動産売却支援相談センター@茅野市

茅野市体験住宅から初の移住者誕生!

taiken  

 

 

 

 

 

 

2015年5月11日 長野日報記事に掲載されました。

 

茅野市や周辺地域へ移住者や2地域居住を前提に住宅を貸し出す茅野市の移住体験住宅事業でこの住宅利用した最初の居住者の方が誕生しました。

最初の移住者の方は大阪市出身の高橋志郎様(58歳)です。

茅野市の物件見学ツアーなどで情報を集める中で同住宅を知り、単身で2015年1月15日から約2か月滞在してハローワークに通いつつ、地域の関わりをきづきました。

すで市内のアパートで暮らしながら新しい職場で働いておられます。

2~3年でマイホームを持ち、奥様を呼び寄せる計画です。

 

体験住宅は原則1か月単位で連続2か月まで利用できます。

お試し移住で田舎暮らしのイメージを確かなものにしてもらい、定住につなげる目的です。

家賃は月2万円(7~9月は3万円)

光熱費は別途必要です。

年内はほぼ予約で埋まりキャンセル待ちの方もいらっしゃいます。

お問合せ先

楽園信州ちの事務局

電話0120-002-144

八ヶ岳 不動産 、原村、別荘|八ヶ岳ライフ

長野県の不動産鑑定評価相談センター

不動産売却支援相談センター@茅野市

御柱祭のススメ

 来年は諏訪-茅野周辺の都市は「御柱祭」一色になります。来年の4月初めに「山出し」、5月初めに「里引き」、それ以降一年間各地域で「小宮御柱祭」が行われています。
 先週末、ビーナスライン沿いで某地区の御柱の練習が行われました。練習木なので、大社の御柱はもう一回り大きくなります。もうすでに来年に向けての準備は着々と進んでいます。

canvas

 茅野市に移住した方の中には「自分も御柱祭に参加してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。他県から観光客の方々も来るくらいですから、遠目に見物するだけなら移住していない方でも出来るのですが、御柱は「諏訪大社の氏子の祭り」であるため、氏子同士で通じるルールや、氏子だから入れる場所という物もあります。木落し坂の御柱が滑り降りてくる場所や、建て御柱の周囲など、(観光客用の席より)すぐ近くで御柱の催しを見ることが出来ます。
 さて、ならばどうすればそう言う場所に入っていけるのか、知ることが出来るのか。それはとても簡単です。茅野市に移住して、その地区の友達を作れば良いのです。氏子衆しか入れない場所に入るには、氏子衆になれば良いのです
 上社の御柱は地区毎に曳く柱が決まっています。下社の御柱は曳く区間が決まっています。ソコを知らずにただ遠くから見るより、柱を曳くのに参加してはどうでしょうか。ただ何かイベントを行っているなぁと眺めるより、自分たちの地区の柱のイベントだと思えば、より楽しめるのではないでしょうか。また、曳航中の柱と一緒に写真を撮るにはタイミングがあります。それを知っていれば、ただ遠くから自撮り棒でも使って写真を撮るより、柱のすぐ近くで写真が撮れます。と言うか、そのタイミング以外だとちょっと危ないです。

 また、諏訪大社の御柱が終わったら各地区毎の、各辻毎の御柱が行われます。保育園でも、学校でも行われる所があります。それこそ移住しているからこそ参加できるイベントです。

 茅野市への移住の際には、是非地域に溶け込んで、地域の祭りや気候、色んな情報を教えau仲間を作り、

茅野市移住者必見、市民農園利用者を募集します 4月10日締切迫る

DSC00576-300x225市民農園の募集の利用を募集します。

場所:1.茅野市玉川穴山(望岳の湯東)

:2.湖東笹原

:3.玉川粟沢(茅野市ゴルフ場第三駐車場東側)

対象者:茅野市内に移住している方

区画数 1.5区画 2.10区画 3.6区画

面積 100平米

利用料 1シーズン 5000円

締切日 4月10日

申込み

茅野市農業支援センター

0266-72-2101

 投稿者

八ヶ岳 不動産 、原村、別荘|八ヶ岳ライフ

長野県の不動産鑑定評価相談センター

不動産売却支援相談センター@茅野市

茅野市豊平のデザートムーン マクロビ中華ランチ

久しぶりに、デザートムーンさんにランチに行きました。2月は、「ちょっぴりチャイニーズなごはん」なんと、中華風のランチが出てきました。カラッと揚 がった春巻き、とろとろの「じゃがとろ」、バンバンジーやコーンスープ、甘酢の酢豚風ベジミートです。デザートは杏仁豆腐ですが、コクがありながらもさっ ぱりしていておいしくいただきました。店内は、ほぼ満席、女性ばかりでした。一人でも気軽に入れるお店、常連さんがいる様子でした。

20150221_1826865

20150221_1826866

 

八ヶ岳が見えるカフェ

 

茅野市豊 平のカフェ「デザートムーン」さんをご紹介します。諏訪東京理科大学を東方向に進んでいただくと正面に八ヶ岳が見えてきます。その道の角にあるのがカフェ 「デザートムーン」です。木の香りのする店内は、女性客がゆったりとお茶を楽しんでいました。思い思いに過ごす自分だけのティータイムを楽しめる、そんな お店です。一番のお気に入りはランチメニューが野菜中心のマクロビ菜食ごはんということです。一度 立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お天気のいい日が お勧めです。                                                                                           

   ランチ11:30~2:30  営業17:30まで 定休日:毎週水曜・第3木曜

20150130_1792737 20150130_1792739 20150130_1792740 20150130_1792741 20150130_1792742

待ち遠し~2つ目の国宝指定「仮面の女神」

縄文のビーナスに続く2つ目の国宝に「仮面のビーナス」が申請され
指定の報告を今か今か~と待ちわびる茅野市ですが
沢山の申請になかなか時間がかかっているようです。
トップシーズンをお祝いムードで盛り上げるために
6月2日、国宝指定日に予定していた商店街フラッグが掲げられました。
20140708_1447672
楽園信州ちの 事務所 から
指定後は今の50枚から170枚まで増やし
縄文の街茅野市をPRしていきます。
どうぞ お見知りおきを
 ????20140708_1447626????
「土偶」縄文のビーナスと仮面の女神
http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000001480000/