夏本番!夏の蓼科高原の文化的イベント「蓼科高原セミナー」第10回が本日から始まります。今日は、小説家の童門冬二氏を講師に迎え「信濃にまなぶ日本の心」と題しお話を伺います。童門氏は、このセミナーで“何よりも大切なのは、やさしさと思いやりの精神。この精神は美しい自然と愛に満ちた教育によってはぐくまれる。蓼科高原はその重要な地域のひとつであり、私自身がうけている日本の心についてお話したい”とコメントをしています。昭和初期から文化の香り漂う蓼科高原は、夏本番を迎えています。考古館や美術館など尋ねてみてはいかがでしょうか?